[仁王 / Nioh]真の神器を作ろう 打ち直しいろは テーブル編

本編は素材と金が足りないのに限界値装備を目指す人に捧げます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°



V1.08以後、アビリティの数量増加グループの細分化により、
目標と限界値に目指す事は以前よりはるかに時間がかかりました。
しかもこのゲームは固定テーブル、Plusを利用してロードしても結果は変わらない!
大人しく素材を集めるしかないのか・・・
限界値を出すには、何千回も必要なのに・・・
と思いきや!固定テーブルのいじり方により、素材を節約ことは可能です
本編は、そのテーブルのいじり方と、自分の実際の制作例を紹介します
また、装備のアビリティ欄をこれから「枠」と簡略します

テーブルに影響しない行動:
再度ロードしても、打ち直すの結果が変わらない行動です。
・同じ枠で同じ素材で打ち直す
・複数の枠を選択しても、同じ枠を選択で同じ素材で打ち直す
・先にほかの装備を打ち直す(違う装備に影響しない)
になります。結論として、
同じ装備で同じ打ち直すの行動をとれば、結果は必ずおなじ
(打ち直す順番も使用する素材も同じ)
一見、ロード防止の機能に見えますが、
逆手をとれば、
目標アビリティの手順を見つけ出したら、
再度ロードしても同じ手順で再現ができて
逆に素材の節約ができます!

テーブルを変える行動:
こちらの行動なら、再度ロードの時テーブルが変わります
・違う素材を挟む(霊鉄と欠片の組合)
・ほかの枠のアビリティの変動
・ミッションの成功
になります。
特に一番が重要なポイント。霊鉄と神器の欠片の組み合わせにより、
実質、固定テーブルを自由に操ることが可能になります。
逆に、他の枠への影響は注意する必要があります。
手順で目標アビリティを再現したいとき、
うかつにほかの枠のアビリティを変えれば、
テーブルが変わり、同じ手順が再現不能になります。

自分が打ち直すときの実行例:
用意すべきものは、ある程度の素材と金、そしてPS Plus環境。
次は、使用する素材の数量をっ決める。
自分の場合、
目標は武器のダメージ反映(既に99のステータス)A若しくは近接ダメージ20%
神器の欠片で100回まで打ち直します。
霊鉄でテーブルを最大まで5回変える。
武器は固定と継承枠以外で大体4~5枠あります。
目標を探すときは、枠を其々一つづ検証することをお勧め

手順:
枠①を百回、欠片で打ち直す→目標がない場合→クラウドにあるデータをロード→
霊鉄で最初一回打ち直す(テーブル変化)→また欠片が百回→5回ループ
ループする度、霊鉄の数量も増やす(一回→二回→三回・・・)
目標が出たら、他に作業中の装備がない場合、そこで終了。
他の装備や枠と同時作業したら、手順を記録し、あとでロードして再現してもいい。
目標がない場合、次の枠に進みます。
すべての枠がない場合、いったん諦めてミッションで洗いなおす

ロードにより、時間が普通よりかかるかもしれないが、
元々数千回で、金を数千万をかかる作業を、
ゲームの記録上を100回以内を収まることが可能になります。
増えた手順による時間は、その分の素材と金を集まるより遥に少ない
実績とすれば、自分はこの方法で
・近接ダメージ20%
・ステータス反映でダメージ増加A+
同時に持つ武器を複数本制作に成功
一本(他の目標アビリティも揃う)につき約2~3時間が目安
複数の装備の同時進行ですので、正確の時間を計れないので、
ご勘弁を( ノД`)シクシク…

後記:
とは言え、限界値を目指すことは元々極めて時間がかかる作業
それでも目指すなら、
根気強くしてセーブ&ロードを数時間繰り返すことが必要となります。
かなり単調な作業ですので、気をしっかり持つことですねw
また、目標アビリティの継承装備を持てればさらに楽
強者の道の「残党退治」に尋ねてみましょう('◇')ゞ

P.S. 星がつく限界突破アビリティは、打ち直すには出ないよ(;´・ω・)

[仁王 東北の龍 / Nioh]レビュー:DLC東北の龍

クリアレビューです


コンテンツからみると
新しいチャプター丸ごとを追加するうえで、
新武器種、難易度も追加されて、
かなりの誠意をみせました。
DLCを購入しなくても、ある程度の新要素も提供し、
内容としてはかなり満足できるともいえよう

ストーリーも前後関係を考慮したうえのもので、
DLCで登場したキャラクターの今後の活躍も期待できそう。
強いといえば、
エンディングをもっと豪華にしてほしかった(´・ω・`)
ラスボスかわいい(´∀`*)ポッ

しかし、充実の内容を一方に、
ゲームバランスがかなり悪くなりました。
今回のゲームバランスは、配置や特徴を生かすより、
殆ど数値の調整だけで、しかも難易度をあがるため、
無理やり敵のパラメーターを上げることがかなり明白。

以前でもはっきりした武器格差を改善もないうえで、
まさかの改悪(´・ω`・)エッ?さらに格差を広がりました。
武器の格差の影響により、実は「軽装」が一番被害を受けました。
現在の攻略方法は、敵の動きや配置を分析より、
重装備で強武器を持て脳筋するのがメインになりました・・・
開発側として、ゲームの難易度を上がるのは、
プレイヤーに考えさせたいのはずですが、
劣悪なバランスで、逆に脳筋プレイは主流になり、
とんでもない皮肉ですね(-_-;)
(どうせお前たちは陰陽術を頼ってヒャッハーするだけだろう!と考えた結果かもしれませんw)

いくらコンテンツを充実とはいえ、
対戦も搭載された死にゲージャンルは、
バランスは何よりも大事と思います。
できれば早めに対処していただきたいところですね(;´・ω・)


[仁王 東北の龍 / Nioh]ボス分析攻略:伊達政宗

数値弄りをはじめる代表ボス



ステータス、装備と動画は初回クリア、または直後の2回目
攻略は基本大太刀


全体:
この記事を書くときはすでに東北の龍をクリアしましたので
今回のボスについてですが、
数値弄り」がメインってあることをわかりました。
モーションが違うものの
実はダメージ、リーチ、スピード、硬直
などの数値を強化することだけで、
モーションはすでに攻略の主題ではなくなりつつあります
政宗と成実を比較し、さらにラストボスを見れば
このことがはっきりと見えるようになります。
伊達政宗を一言を表すと、「伊達成実の強化版」になります。
モーションはもはやボスの「個性」だけになりつづあるという・・・
(;´・ω・)

攻撃パターン:
九十九状態は風と水があり、個別に説明になります
・連撃(風、無)
理論上、気力がなくなるまで打ち続けれます
プレイヤーとの距離や命中の是非により、
回数がかわりますので、非常に不安定。
加えて追尾性が非常に高く、スピードが速く隙も無い
距離をとって回避することに

・連撃(水)
衝撃波が打てるようになりますが、
追尾性がだいぶ落ちます
後ろへ回しながら攻撃しましょう。
逆に、水の九十九状態はここでしか攻撃チャンスがないので、
多少の被弾でも、強引に攻め、気力を削ることが大事。

・左右4連撃(全)
左右移動しながらの4連撃。
終了モーションは縦きり。
風と無状態では距離をとれば当たらないので
一番の反撃チャンスですが、
水は衝撃波が発生するので、逆になるべく後ろにまわって、
次の攻撃のターンのために準備することをお勧め。

・突進
掴み技です、ガード不能
横回避で避けれますが、
タイミングは発動前としか言いようがないので、
まず自分なりにタイミングを把握する必要があります。
横回避すれば、長めの反撃タイムがあります。

・トルネード(風)
風状態の限定技。
隙だらけにみえますが、実はそうではない。
発動時間はながいですが、
前方リーチがながい、
エフェクトが消えた後でも攻撃判定が残る
硬直ほぼありません。しかも複数攻撃判定
一回でも受けたら異常状態になる
とても恐ろしい技です。
ぎりぎりの距離をとって、
エフェクト完全消えたあと接近し、ぎり一回はんげきできます。
また、インファイトで背後をとる場合、
硬直なしですぐ動き出すので、逆に危険。
大人しく距離をとりましょう。

・水弾3発(水)
水状態の一番厄介の技、
しかも積極的にしかけてきます。
3方向の水弾を打ち、地面にダメージゾーンを残す
このダメージゾーンは、
広範囲、長時間、累積可能という特徴で、
運が悪い場合、全画面に広がる可能性もあります。
防ぐ方法もないので、なるべく攻撃し、
水九十九状態を解除するほか方法がない。

立ち回り:
どの状態でも、連撃は理論上無限であるため
仕掛けられるチャンスは非常に少ない。
仕掛けれる技でも、硬直は短いので、
安全に反撃できる時間も非常にすくない
人間型のボスで、追い打ち組み打ちができるのが救いになります。
また、九十九への対応は、風と水は真逆になります。
風は距離をとって、安全な時だけはんげきする
水は、多少無理でも打ち続け、早期九十九状態解除を目指す
特に水状態は時間が長いほど、こっちが消費するので、
早めの解除を望む

ここにきて、もはや「安全なモーションで仕掛ける」より、
すべての技を見極めて、
一回の攻撃チャンスを増やす方向にかわりつづある
極めのがそのあとのラストボス・・・
今回のDLC、モーションの変化より、
ボスの各パラメーターを単純に上げるがほとんどなので、
かなりいやな思いになりましたな。(´;ω;`)ウッ…

[仁王 東北の龍 / Nioh]ボス分析攻略:伊達成実

地味にすごいDLCの門番



ステータス、装備と動画は初回クリア、または直後の2回目
攻略は基本大太刀


全体:
派手の技がないものの
ダメージが大きいうえ、スピードもかなり速い
しかもリーチも長い、死角もなし。
北斗神拳のトキみたい(´;ω;`)ウッ…
攻撃は基本コンボを中心に仕掛けてきます。
中断も挟みつづので、終了確定の技で反撃すること。
今はやりの忍者や陰陽術なしであれば、かなりの強敵となるでしょう
特に大きい隙がないので
攻撃終了後の合間で一、二撃で積み重なる方向を推奨します。


攻撃パターン
・蜈蚣+刀の四連撃
使う確率が一番多いの技
終了は刀を地面に刺すモーションです。
距離を保ちつづ
終了モーションを確認したら一回反撃

・刀6連撃
特徴としては蜈蚣が刀をもつので
リーチがさらに長くなるので距離に注意
必ず6回討ちますので
終了後2回ぐらい反撃できます。

・縦回転2or3連撃
蜈蚣の縦回転叩きです。
叩きは2回ですが、時にプラス一撃
2回目で判断できます。
2回目が刀なら終了、2回目が蜈蚣なら、
もう一回薙ぎ払いがある
ですが、3回目の発生が速いので
十分の距離があれば、接近し始めてもあまり当たらない
2回叩きを確認したら、すでに反撃に移行しても大丈夫です。

・遠距離2連撃
刀を投げた後、牙らしきものをもう一回
追尾は意外と甘め。横ダッシュ、
走り速度バフフルブーストなら横移動だけでさけられます。
しかも終了後の硬直もながいので
2回ほど反撃できます。
ラッキータイムw

・掴み技
蜈蚣にオーラが纏わるので視認できますが
発生が速く、リーチも鬼長いので、
相対距離が足りない時ほぼ必中
常に距離を保つことが肝心
特に反撃後速やかに離れることが大事
ダメージが非常に高い、軽装ならフルHP即死でもあります。

・蜈蚣地面叩き
発生が速いですが、リーチがほとんどない
硬直も短い
距離があれば当たらないですが、
反撃もできないw
肩透かし技

立ち回り:
とりあえず距離を保ちつづ、左回りいどうすること。
弱点が蜈蚣なので、左回りなら弱点を当てやすい。
各連撃の終了モーションを確認したら反撃にうつす。
距離もあるため、最大速攻撃2回が限界なのは今の見立
距離を保つことが大事ですが、
離れすぎると逆に反撃できなくなりますので
自分の武器のリーチと相談し、
自分なりの合間を見極めよう。


DLCボスの最初でもあって、
かなりオーソドックスのボスです。
ですが、全能力の高さにちょっと引いてました・・・
なんといっても、「距離」が一番の肝であります。
少ないダメージを積み重なる戦法ですので、
焦らない気持ちも大事とおもいます(/・ω・)/


[雑談]最近、ネタないな~

遊びたいゲームがない故(´・ω:;.:...

実はスパロボはあるが、
仁王との時期がかぶりすぎて、
仁王のDLCを攻略したあと開始するつもりです。
ま~レビュー書くには遅すぎるですが。

また、最近アメコミヒーローのドラマを見始めました、
それについてのの感想やレビューを書くのもいいかもしれませんね

ぼちぼち検討するわ~(/・ω・)/

[雑談]ゲームをつくったが

会社に特定される危険性があるので
ここでタイトルを公表することができないという・・・

また、会社は小売りなので
ゲーム制作、企画などの仕事を舐めきっている。
いわば「作って」の指示をだしたら、
1時間後でも物ができるという認識。
草しかないw

こういう認識のせいで、自分の成績はまったく認めてもらえない
最低な開発環境、最低限の賃金
それをもとに開発した、そこそこ成績がいいやつなのに、
その成績自体も奪いたい会社の方針

ま、ディレクターVS会社の構図もきらいじゃないけどw
むしろ、それを備えて、プロジェクトを開始当初すでに準備しています。

うむ、
とはいえ、作品に対して手抜きはありません
「自分」の作品ですからな、著作権が会社にもってかれたけどw

もう少しDL数が安定し、会社内も冷めたあと、
タイトルを暗示する記事も出そうw

[仁王 / Nioh]ボス分析攻略シリーズ


今までの攻略をまとめます
名前をクリックでそのページへ行けます
怨霊鬼はパスで(´;ω;`)ウゥゥ
追加されるかも?

怨霊鬼
==========================================
飛縁魔
==========================================
大百足
==========================================
海坊主
==========================================
女郎蜘蛛
==========================================
雪女
==========================================
白虎
==========================================
大蝦蟇
==========================================
鬼女
==========================================
お勝
==========================================
雑賀孫一
==========================================
大谷吉継
==========================================
島左近
==========================================
がしゃ髑髏
==========================================
石田三成
==========================================
漆黒のサムライ
==========================================
織田信長
==========================================
エドワード・ケリー
==========================================
ヤマタノオロチ
==========================================
百目
==========================================

長いたびでしたな~(∀`*ゞ)エヘヘ

[仁王 / Nioh]真の神器を作ろう 打ち直しいろは

この記事は、
特に目標アビリティがいくら打ち直しても出てこない人に捧げます°˖☆◝(⁰▿⁰)◜☆˖°。


V1.08以後はアビリティのグループが変わりました!
続編・テーブル調整編はここに:http://nomaland.blogspot.jp/2017/05/nioh_20.html

いくら打ち直ししても、
目標機能が出てこないことは、
この道を極めたい人に必ず経験することです。
大体、運が悪いと片付けて、さらに回数をこなせるが、
実は、「本当に出ないです。
何故かというと、「グループ」が被ったからです。
本編は、目標アビリティを出させることと、
目標アビリティを絞り出す
二つの小技を紹介したいと思います。


目的アビリティを出させる!
装備の機能は、ご存知通り、同じアビリティは重複できません。
ただ、仁王では、同じグループのアビリティも同時存在ができません
例えばこの4つのアビリティ:
愛用度に応じてダメージ増加
俊敏度に応じてダメージ増加
近接ダメージ増加
・背後ダメージ増加
が同じ「ダメージ増加系グループ」です。
その中に1このアビリティが武器に存在したら、
他も全部出ません。
*V1.08以後、近接ダメージ増加が独立になりました。
いくら打ち直しても目標アビリティは出てこれない場合、
まず現有のアビリティを再度見直し、
まず同じグループにいそうなアビリティを消すことがオススメ

現在、どのアビリティがどのグループなのは、まだわかりませんが、
アビリティの記述で、大体分けることは可能です。
大体以下のグループになります。
・攻撃力への反映系
・体力吸収系
・ダメージ増加系
・気力ダメージ増加系
・使用気力減輕系
・属性付与系
・組み打ち、追い打ち系
・窮地系
・その他


アビリティの記述は時々曖昧の部分もあって、
ここは経験により判断するしかありません。
例えば、追い打ちダメージ増加と近接ダメージ増加は並存可能
(追い打ちグループ&ダメージ増加グループ)
ま、ダメージのインフレをさせすぎないセフティ機能ですね。
必ず欲しいアビリティがあれば、
まずは同じグループの他のアビリティを割愛し、
そして、他のアビリティも同じグループのものがない状態を作り上げた後、
打ち直しをしましょう。


目標アビリティを絞る!
また、この特徴を利用し、アビリティを絞ることも可能。
例えば一番人気のステータス反映系
まず他の欄をたくさんアビリティが所属大手グループ(w)を埋めて
選択肢を減らし、攻撃力への反映系を絞り出すことが可能。
このやり方で愕然とスピードが上がります。
自分は大体
・属性付与
・ダメージ増加
・使用気力減輕
・気力ダメージ増加
・体力吸収
を固めてから、攻撃力への反映系を作りはじめます。
オンラインセーフ&ロード機能を合わせて、
約1時間で1本、各属性計5本の心反映Aを作り出した。
ま、もちろん事前にすでに大量な欠片と金を用意しましたがw
ただし、反映のランク CかAか、それは本当に運しだいですw


後、オンラインセーフ&ロード機能を使用する方は気をつけるべきこと
打ち直しの内容はテーブルで決まります
例えば、現在の武器の3こ目のアビリティだけを打ち直すとして、
何回セーフ&ロードしても、結果は必ず同じになります。
結果を変わりたい場合
他の欄のアビリティグループを変更するなり、他の欄のアビリティを着手なり、
あるいは一回ミッションに出るのもいい、
テーブルをリセットさせる必要があります。


本編で書いた内容を元に武器装備を作成すると、
時間がかなり節約されると思います。
ぜひ試してみて、神器を目指しましょう(/・ω・)/

続編はここに:http://nomaland.blogspot.jp/2017/05/nioh_20.html

[仁王 / Nioh]ボス分析攻略:百目

本当のラスボス。



ステータス、装備と動画は初回クリア、または直後の2回目
人間系ボスは基本刀で攻略

全体:
ようやく旅の最後
ですが、本体はそこまで難しくはない。
正確を言えば、今までの経験を活かしたら、
すぐ対応できるレベルです。
ただ、基本スペックが高いので、あまりなめすぎると・・・w
正直、直前のクローンケリーx3の方が厄介かも


攻撃パターン:
・杖系
縦叩きなぎ払いの2種類があります。
縦、または横方向を溜める動作がサイン。
なぎ払いの方がより回避しにくいですが、
両方とも背後に判定がないため
常に背後に回す行動をとれば、
攻防一体となります。反撃可能。


・触手叩き
背後の2パターンがあります。
リーチが長いですが、
逆に密着に対する判定が非常に弱い
触手が上がるサインを見かけたら、
距離を詰めながら回避することがオススメ
反撃チャンスあり。

・ビームなぎ払い
前方扇型の範囲攻撃です。
しかも左右一本つつの掃射
離れると避けにくいですが、
あいにく近距離の判定が甘いので、
回避しながら距離を詰めましょう。
反撃可能

・目球召喚+回復
座り込み(後方への攻撃判定あり)し、目球を召喚して、
HPをある程度を回復します。
目球はいわばファンネル(!?)
自動誘導砲台になります。
一撃で倒せますので、まずこちらを一個まで倒しまくります。
この行動はHPの割合に応じて2回やります。
1回目は目球が全滅、もしくは一定時間経過するまで、
座り込みます。
目球を一個まで減らした後で、ボスに集中攻撃。
目球のビームは声を聞いてから回避すれば間に合います。
2回目は座り込みはなく、そのまま行動するため、
とりあえず本体を注意しながら、目球を掃除することがオススメ。
ただ、十分な火力、特に背後ダメージ特化のプレイヤーなら、
1回目の召喚で倒すことも可能。
あるいは2回目の召喚した後でもゴリ押しが可能の状況もありうる。

・結晶弾
雪女のアレの赤いバージョン。
頭上に結晶が出てきくることがサイン。
一発当たれば、後も続いてあたり、そのまま即死
弾速が早く、誘導性も高い
回避するよりガードがオススメ。

・ワープ
撹乱系の技。
ワープ前後に攻撃を入れ、フェイントをかけたりする。
ケリーのワープとほぼ同じタイプですので、
冷静に対応すれば問題ないでしょう。



立ち回り:
基本は距離をある程度を詰めて、
常に背後に回ることを心かけましょう。
敵の攻撃後、殆ど反撃できますので、
技対応→少し反撃の繰り返し。
1回目の目球がキーポイント。
一刻も早く目球を一個まで減らし、
本体へどれぐらいダメージを入れることが肝。
うまくいけば、このまま終了へ持っていくことも可能。


殆どの攻撃が反撃可能。
サインもはっきりしています。
今までのボスの復習の感じが強い。
ダメージやHPなどの基本スベースが高いものの、
対応しやすい技+反撃チャンスの多さにより、あまり強く感じません。
結構、「終わり」感がないボスですね(´ε`;)ウーン…
ま、DLCもうすでに決定されてましたからな・・・

[仁王 / Nioh]ボス分析攻略:ヤマタノオロチ

多数による暴力!


ステータス、装備と動画は初回クリア、または直後の2回目
人間系ボスは基本刀で攻略

全体:
またしてもステージギミック攻略系のボスです。
しかも中盤以後、大量の首を同時に相手しないといけません。
ステージ上に落ちた結晶を利用し、ある程度見えない攻撃を防ぐことができますが、
やはり運要素がかなり強い。
ギミックを解明すれば、勝つこと自体は問題ないが、
無傷するには一苦労するボスです。
また、各首のHPは別です。


攻撃パターン:
・頭付、頭叩き、噛みつき
頭を大きく後ろへ伸ばすのがサイン。
この3種のサインが同じなので、非常に手強い
特に噛みつきは回避不能という特性もあり。
陣取りにより対応する方がオススメ。
安地としては、
首一つの時は右前方
首二つの時は左後方
首五つの時は結晶を利用して回避。

・首なぎはらい
首を大きく横にそることがサイン
対応は縦系の攻撃とほぼ同じ。
ガードも可能なので、対応しやすい攻撃です。

・瘴気ボール
サインはあまりないが、ダメージも多くない。
着弾地には常世が発生。
見えない首から一番する攻撃わざ。
後期は首の属性によって、効果と見た目も変わります。
安地はないが、動きが抛物線のため、確認してからの回避は可能。
見えないところからのボールが厄介。

・瘴気ブレス
掃射。回避しにくい上で、
ガード不能、しかも安地もない。
ありますが、首系と当時に成立できない故、ダメージが高い首系を優先。
頑張ってタイミングを計って回避するしかありません。
ガードなら多少なダメージが抑えますので、
どうしても避けれないならガード対応。
後半は結晶を利用して回避することができる。

・属性攻撃
属性特有の飛道具あり。
変形な瘴気ボールでも言えるでしょう。
結晶があるとき結晶を利用して回避。
最後の首とタイマンするときは、
距離を取ることも回避可能。


立ち回り:
全部で4段階があります。
首一つ→首二つ→首五つ→強化首一つ
首一つのときは右前方の安地にいて、
敵の攻撃直後出て少し反撃という繰り返しだけで、無傷で勝てます。
首二つの時から、同時攻撃により不安定要素が入っております。
基本左後方を陣取りして、左側の首を先に潰す。
ここはスピード勝負ですので、多少の被弾があっても、
左側の首を攻撃すべきときは積極的に攻め出す。
2本目の首を倒す瞬間、ステージにも大きいな変化が起こします、
同時に、他の首が混乱に乗じて攻撃しにくる。
ランダムで移動することで対応。
イベント上、結晶の破壊によりすぐもう一つの首がダウンして、
ダウンしている間に倒すことをオススメ。
3匹目を倒した後、
自分の後ろへ行って最初の首から時計周りで倒すことをオススメ。
首それぞれのHPが少ないことがせめての救い。
途中結晶を利用して攻撃を避けます。
うまく陣を取れば、画面外の攻撃もある程度防げます。
最後の首は強化されてましたが、対応方法は変わりません。
結晶がなくなったら、大幅に距離を取ることで、
ほとんどの攻撃が避けれます。


自分の動画は最後の首で、
一気に結晶が壊れ、動転してたくさんミスしました(*´Д`*)
冷静に対応すればそこまで惨めにはならないはず。
完勝には難しいですが、方法さえ把握すれば、
攻略には問題ないと思います。